MENU

これは今から半年ほど前の話です。吉高という大学時代の友人から1本の電話が掛かってきました。「よう!夏川、久しぶりだな!最近どうしてた?今お前の会社の近くまで来てるんだけど、良かったらこれから飲みに行かないか?」とのこと。その日は急を要する仕事もなく時間的には余裕があったし、何より旧友からの嬉しい誘いだったという事もあり、僕はその誘いを快諾し近くの居酒屋で吉高とお酒を交わすことにしました。

 

旧友と交わすお酒、そして共に過ごす時間はとても楽しいものでした。学生時代の思い出話や今の仕事のこと。男二人の宴ではありましたが話題は尽きず大いに盛り上がりました。共にお酒も進み酔いも回ってきたころ、吉高がおもむろに「ところでお前、最近女の方はどうなんだよ。学生時代はそれなりにモテてたから彼女の1人くらいいるんだろ?」と質問をしてきました。自分で言うのもなんですが吉高の言う通り学生時代はそれなりにモテていました。しかし社会人になってからは出会いのきっかけもなく、全く持って女っ気のない寂しい生活を送っていますので「いやぁ学生時代は良かったよ。黙ってても女の子と触れ合える機会があったからな。でも今はからっきしダメだよ。彼女もいないし女友達すらいないよ」と答えると、「なんだよお前、情けないな。自慢じゃないが俺は3人もセフレがいるんだぞ!本命の彼女はいないけどね」と吉高は言いました。

 

大学時代の吉高はそれなりにモテていた僕とは対照的に、女の子から嫌われるほどモテない男でした。しかも大学卒業後は就職せずにパチンコ屋でバイトをして生計を立てているフリーター。今現在でもモテる要素は何ひとつないんです。そんな吉高に3人ものセフレがいるなんて正直信じらませんでした。しかしこれは嘘ではなく紛れもない事実なんだとか。興味津々で詳しく話を聞いてみると、どうやら出会い系アプリを利用したお陰でいとも簡単にセフレを作ることが出来たんだとか。その出会い系アプリはバイト先の先輩に紹介してもらったとかで、3人ものセフレを抱える今でも時たま利用して新たなセフレを探そうとしているそうです。

 

女っ気のない生活をしている僕にとっては何ともうらやましい話。一体どんな出会い系アプリを使ったのか、どうしたらそんなに簡単にセフレを作ることが出来るのか、僕は更に詳しく聞いてみることにしました。

 

 

名前:夏川
性別:男性
年齢:25歳
職業:医療機器メンテナンス会社勤務

 

大学卒業後に医療機器メーカーに就職した、いたって普通の会社員。大学時代にはそれなりにモテていたのだが、社会人になってからは全く持って女っ気のない生活を送っている。ある日大学時代の友人と3年ぶりに飲みに行ったところ、大学時代には彼女すらいなかった全くモテないその友人に3人のセフレがいると聞かされる。現在彼女もいない自分にとって興味津々な話だったため詳しく聞いてみると、友人いわくハッピーメールアプリ、Jメールアプリ、ワクワクメールアプリという優良出会い系アプリを複数利用したお陰とのこと。それらのアプリを友人に紹介してもらい自分も友人同様3人のセフレと定期的にセックスを重ねるようになる。